米田 知子 (写真家)

1965年兵庫県生まれ。ロンドンを拠点に「記憶」と「歴史」をテーマにした作品を制作。2005年、阪神・淡路大震災の記憶をテーマにした作品による個展「震災から10年」を芦屋市美術館で開催。その他、国内外での個展や多数の国際展に参加。2013年〜14年にかけて東京と姫路で個展「暗なきところで逢えれば」(東京都写真美術館/姫路市立美術館)を開催。2014度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。2014年、写真集『After the Thaw 雪解けのあとに』(赤々舎)が刊行された。

写真:米田知子《川(両サイドに仮設住宅跡地、中央奥に震災復興住宅をのぞむ)》2004