高嶺 格(現代美術家、演出家)

1968年鹿児島県生まれ。鑑賞者と作品との双方向性を志向するインスタレーションやメディアアート的手法、あるいはパフォーマンスによって、非言語的な共感覚を呼び覚ます作品を多く手掛けている。支配/被支配、当事者/非当事者の入り組んだ関係を浮かび上がらせ、鑑賞者自身への問いを多く含む作品は、日本のみならず海外でも高く評価されている。2012年〜13年にかけて、水戸芸術館現代美術ギャラリーで個展「高嶺格のクールジャパン」を開催。

画像:高嶺格《ジャパン・シンドローム 関西編》より